【徹底検証!】赤ちゃん・ベビー日焼け止めおすすめ最強ランキング15選【2020年最新版】

赤ちゃん・ベビー日焼け止めおすすめ最強ランキング15選

 

 

↓先にランキングを見たい人はコチラ↓

 

ほんの10数年前までは、日焼けした肌は健康の証!なんて言われていましたね。

 

ところが近年、オゾン層の破壊により紫外線は人体に悪影響を及ぼす存在となってしまいました。

 

以前まで母子手帳にあった『日光浴』の文字は削除され、2002年から国による紫外線対策が始まったのです。

赤ちゃんは、大人と比べて皮膚が薄く、紫外線による悪影響を受けやすいため、強い日光を長時間浴びることは禁物です。

顔など衣類などで覆うことのできないところには、大人は勿論のこと、子供も上手に日焼け止めを使うのが効果的です。

※「紫外線環境保健マニュアル」より引用

 

このように、国が指導している「紫外線環境保健マニュアル」にも、赤ちゃん・子供への日焼け止めの使用を勧めています。

 

でも、赤ちゃんの場合、日焼け止めを塗ることの方が悪影響になりそう…

 

安心して新生児にも使えるベビー用の日焼け止めってあるの?

 

そんな疑問を持つママ・パパは多いでしょう。

 

実際のところ、赤ちゃん・ベビー用日焼け止めの中には、『紫外線吸収剤』や『アルコール』など肌への負担が大きい成分を含んだものが販売されています

 

赤ちゃんベビー用日焼け止めの紫外線吸収剤

 

そこでこの記事では…

 

成分に詳しい専門家のもと、以下@〜Dの調査ポイントに沿って40種類の赤ちゃん用日焼け止めを調査・検証しました!

 

  1. 成分の安全性
  2. 保湿効果の高さ
  3. 落ちやすさ
  4. 使用感の良さ
  5. コスパの良さ

 

調査・検証の結果、本当におすすめできる赤ちゃん・ベビー用日焼け止め15商品を厳選し、ランキング形式で紹介しています!

 

ぜひ、あなたの日焼け止め選びの参考にしてくださいね!

 

↓先にランキングを見たい人はコチラ↓

 

 

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ前に!知っておきたいSPFとPAのコト

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ前に!知っておきたいSPFとPAのコト

 

日焼け止めのパッケージに記載されている『SPF』と『PA』の値。

 

どちらも紫外線からどの程度肌を守れるのかを数値化したものですが、それぞれ意味が異なります。

 

SPFは、日焼けによるダメージを『どれだけ遅らせられるか』をあらわす!

SPFは、日焼けによるダメージを『どれだけ遅らせられるか』をあらわす!

 

紫外線には、『UVA・UVB・UVC』の3種類がありますが、このうち人間の肌に影響を及ぼすのはUVAとUVBの2種類です。

 

まず、SPFとは『サンプロテクションファクター』の略で、UVB(紫外線B波)を防ぐものです。

 

UVBは、3つの紫外線の中で最も人間の肌に悪影響を及ぼすもので、日焼けをしてすぐに肌が赤くなるのも、このUVBによるものです。

 

とりあえず、SPFの値が高ければ日焼け止め効果も高いんでしょ?

 

そう思っている人も多いはず。

 

でもこれは誤りで、SPF=日焼けによるダメージをどれだけ遅らせられるかを表しているんです!

 

具体的には、日焼けによって肌がダメージを受けるまでの平均時間20分を基準として計算します。

 

例えば、SPF30の場合、
【20分×SPF30=600分(10時間)】

 

⇒つまり、日焼けによるダメージを10時間遅らせる(抑制する)という訳です。

 

つまり、赤ちゃんとの日常のお出かけであれば、SPF15〜20程度でOKなんです!

 

(※SPF20の場合、UVBによる肌ダメージの抑制時間は400分。6時間以上にもなります。)

 

PAは、UVA(紫外線A波)を防ぐもの!

PAは、UVA(紫外線A波)を防ぐもの!

 

次に、PAとは『プロテクション グレイド オブ UVA』の略でUVA(紫外線A波)を防ぐものです。

 

UVAは、肌を黒くする紫外線で、しみやシワなどの原因になります。

 

PAには、+〜++++までの4段階あり、+が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。

 

夏のプールやレジャーでは、PA+++程度が良いですが、こちらも日常生活においてはPA++あれば紫外線対策には十分です。

 

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ前に!知っておきたいSPFとPAのコト

 

ここで、

 

SPF50・PA++++の日焼け止めを普段使いすれば、赤ちゃんの日焼け対策は万全なんじゃない?

 

という疑問がでてくるかもしれません。

 

しかし、SPF50・PA++++の日焼け止めは『赤ちゃん・ベビー向け』の記載があっても、紫外線吸収剤を使用していることがほとんどです。

 

というか、紫外線吸収剤を配合しなければSPF50・PA++++にはならないのです。

 

そのため、むやみにSPF・PAの高いものを使えば、赤ちゃんの肌に負担をかける可能性があることを覚えておきましょう。

 

ちなみに、日本小児皮膚医学会の『こどもの紫外線対策について』でも、以下のように紹介されています。

 

サンスクリーンは、小さい赤ちゃんから使うことができます。通常は、病院で健康保険適応のある処方を受けることができませんので、ベビー用や子供用として販売されているものを購入してください。低刺激性と書いてあるものを選び、防御指数は、日常の生活ではSPF15〜20、PA++、海や山ではSPF20〜40、PA++〜+++を目安にしましょう。

※「日本小児皮膚医学会 こどもの紫外線対策について」より引用

 

【まとめ】赤ちゃん・ベビー用日焼け止めのSPF・PAの目安は…

  • 日常の赤ちゃんとのお出かけなら、SPF15〜20、PA++
  • 夏場のプールや海などのレジャーなら、SPF20〜40、PA++〜+++

 

↓先にランキングを見たい人はコチラ↓

 

おすすめの赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを選ぶ5つの調査ポイント

おすすめの赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを選ぶ5つの調査ポイント

 

最近では、赤ちゃん・ベビー用日焼け止めとして、石鹸で落とせるものや虫除け成分を含むもの、オーガニック由来のものなど、メーカーごとに様々な製品が販売されています。

 

どれも赤ちゃん向けって書いてあるし、違いがわからない…

 

新生児から使える日焼け止めってどれだろう?

 

などなど、赤ちゃん・ベビー用日焼け止めの種類が多くあるがゆえ、選ぶときには迷ってしまいますよね。

 

そこで、どのような調査を行ってベストな日焼け止めを選ぶべきか、化粧品成分に詳しい専門家の方に監修して頂きました!

 

そして決定した調査ポイントが以下の5つです!

 

  1. 肌への優しさ
  2. 保湿効果の高さ
  3. 落ちやすさ
  4. 使用感の良さ
  5. コスパの良さ

 

それぞれの調査ポイントについて、ひとつずつチェックしていきましょう!

 

@肌への優しさで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

肌への優しさで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

 

赤ちゃんの日焼け止め調査ポイント1つ目は、「肌への優しさ」で選ぶことです。

 

敏感な赤ちゃんの肌に使うものだから、肌に優しい成分であることは大前提ですね!

 

特に月齢の低い赤ちゃんには、『紫外線吸収剤』や『アルコール』といった刺激の強い成分は避けたいもの。

 

そのため、編集部では赤ちゃん・ベビー用日焼け止めの全成分をひとつずつチェックし、成分の安全性について調査しました。

 

具体的には、以下の項目について、成分内容を検証しています。

 

  • 紫外線吸収剤が使用されていないか
  • アルコール成分が配合されていないか
  • 合成界面活性剤・合成ポリマーが複数使用されていないか
  • パラベンなど旧表示指定成分が配合されていないか

※旧表示指定成分の詳細については、「日本オーガニックコスメ協会 102の旧表示指定成分一覧表」をご参照ください。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚は、大人の3分の1程度の厚さしかありません。
そのため、外部からの刺激にとても敏感です。
日焼け止めを選ぶ際には、成分をしっかりと確認してなるべく刺激の少ないものを使いましょう!

 

A保湿効果の高さで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

保湿効果の高さで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

 

赤ちゃんの日焼け止め調査ポイント2つ目は、「保湿効果の高さ」で選ぶことです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは皮脂の分泌量が一時的に増えますが、生後2〜3ヶ月を境に一気に皮脂分泌が減ってしまいます。

 

そのため、生後2〜3ヶ月以降の赤ちゃんには、保湿効果の高い成分を含む日焼け止めがおススメ。

 

保湿効果の高い成分例

 

ヒアルロン酸、セラミド、ホホバオイル、スクワラン、グリセリンなど

 

編集部では、手の甲に赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを塗って、専用機器で保湿性の高さを測定し、採点しました。

 

B落ちやすさで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

落としやすさで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

 

赤ちゃんの日焼け止め調査ポイント3つ目は、「落ちやすさ」で選ぶことです。

 

日焼け止めは赤ちゃんの顔にも塗りますから、落ちやすさは重要なポイントですね。

 

赤ちゃん・ベビー用日焼け止めの多くは、石けんで落とせるとの記載がありますが、実際には石けんだけではキレイに落ちない商品もあるんです。

 

特に合成ポリマー成分を複数使用しているウォータープルーフタイプは、専用のクレンジング剤を使わないとオフできないことも。

 

編集部では、黒色の合皮に赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを塗ってお湯または石けんで洗い、落ちやすさを採点しました。

 

日焼け止めの成分が皮膚に残留することで、赤ちゃんの肌荒れの原因になる可能性があります。

 

C使用感の良さで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

使用感の良さで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

 

赤ちゃんの日焼け止め調査ポイント4つ目は、「使用感の良さ」で選ぶことです。

 

じっとしていられない赤ちゃんに使うからこそ、伸びの良さや白浮きしないなど使用感も大事ですね!

 

編集部では、実際に腕に赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを塗って、伸びの良さやベタつき感、白浮きしないかを検証し、採点しました。

 

Dコスパの良さで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

コスパの良さで、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ

 

赤ちゃんの日焼け止め調査ポイント5つ目は、「コスパの良さ」で選ぶことです。

 

紫外線が増える春先から毎日赤ちゃんに塗ることを考えると、コスパの良さも重要なポイントになります。

 

編集部では、1gあたりの単価を計算して比較し、コスパの良さを採点しました。

 

【まとめ】おすすめの赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを選ぶ5つの調査ポイント

 

  1. 肌への優しさ
  2. 保湿効果
  3. 落ちやすさ
  4. 使用感の良さ
  5. コスパの良さ

 

【タイプ別】赤ちゃん・ベビー日焼け止めおすすめ最強ランキング15選

赤ちゃん・ベビー日焼け止めおすすめ最強ランキング15選

 

赤ちゃんの日焼け止め研究所では、前述した以下5つの調査項目に沿って、40種類の赤ちゃん・ベビー向け日焼け止めを調査・検証しました!

 

  1. 肌への優しさ
  2. ・日焼け止めの全成分を確認し、紫外線吸収剤や合成界面活性剤、合成ポリマー、パラベン、アルコールなどを使用していないか調査し、採点しました。

  3. 保湿効果の高さ
  4. ・手の甲に日焼け止めを塗って、専用機器で保湿性の高さを測定し、採点しました。

  5. 落ちやすさ
  6. ・黒色の合皮に日焼け止めを塗ってお湯または石けんで洗い、落ちやすさを検証し、採点しました。

  7. 使用感の良さ
  8. ・腕に日焼け止めを塗って、伸びの良さやベタつき感、白浮きしないかを検証し、採点しました。

  9. コスパの良さ
  10. ・1gあたりの単価を計算して比較し、コスパの良さを採点しました。

 

調査によって厳選された「赤ちゃん・ベビー日焼け止めおすすめ最強ランキング15選」を、タイプ別ランキング形式で紹介していきます!

 

タイプ別:おすすめ赤ちゃん・ベビー向け日焼け止めランキング

 

まずは、普段使いにぴったりな、SPF30以下の赤ちゃん・ベビー用日焼け止めのおすすめランキングです!

 

おすすめ赤ちゃん・ベビー日焼け止め総合ランキングBEST10!【普段使い SPF30以下】

 

ALOBABY(アロベビー) UV&アウトドアミスト

ALOBABY(アロベビー) UV&アウトドアミスト

 

 

新生児からOK 虫除け効果あり 無添加 お湯でオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 19

 

成分の安全性もバツグン!お湯だけで洗い落とせるのも高ポイント♪

総合ランキング第1位は、国産オーガニックコスメブランド『『ALOBABY(アロベビー)』のUV&アウトドアミストです!

 

液体のミストタイプは通常のクリームタイプに比べて、塗りやすさバツグン!

 

動き回る赤ちゃんにもサッと塗れ、白浮き・ベタつきもなくサッパリとした使い心地でした◎

 

また、石油系界面活性剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤・香料・着色料・アルコール・パラベン無添加で、成分の安全性も最高クラス!

 

新生児から安心して使える日焼け止めです!

 

ただし、保湿性は低いので、乾燥肌の赤ちゃんは保湿クリームを塗った上から日焼け止めを使うのがおススメですよ。

 

天然アロマを使った、虫除け成分を配合。虫が増える季節のお散歩にぴったり♪

メーカー名 株式会社N&O life
容量 80ml
参考価格 \2,585
紫外線カット効果 SPF15 PA++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

PAX BABY(パックスベビー) UVクリーム

PAX BABY(パックスベビー) UVクリーム

 

 

新生児からOK 無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 18

 

保湿成分たっぷり♪乾燥肌の赤ちゃんにおススメ!

続く第2位は、無添加石けん製品でおなじみ、『PAX NATURON(パックスナチュロン)』が展開するベビー用日焼け止めです!

 

とてもシンプルな成分内容で、紫外線吸収剤はもちろん、合成界面活性剤や合成ポリマーを始めとした合成成分を一切使用していません。

 

新生児にも安心して使える日焼け止めです。

 

また、『マカデミアナッツ油』や『ホホバ油』といったうるおい成分を配合しているので、保湿性も高いことが特徴です!

 

特に乾燥肌の赤ちゃんにおススメですよ♪

 

ただし、添加物が少ないクリームタイプは、伸びにくく、白浮きしやすいデメリットがあります。

 

1位のアロベビーは、塗りやすさはダントツですが、保湿性は高くありません。

 

2位のパックスベビーは、クリームタイプならではの塗りにくさはありますが、保湿性には優れています。

メーカー名 太陽油脂株式会社
容量 30g
参考価格 \660
紫外線カット効果 SPF17 PA+
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

ALOBABY(アロベビー)UVモイストミルク

ALOBABY(アロベビー)UVモイストミルク

 

 

新生児からOK 無添加 お湯でオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 18

 

お湯で簡単オフ♪保湿性&塗りやすさも高評価◎

総合ランキング第3位は、1位にランクインした『ALOBABY(アロベビー)』シリーズから、乳液タイプの日焼け止めがランクイン!

 

1位のミストタイプと違って、保湿成分をたっぷり配合しているのが特徴です!

 

また、乳液状のミルクタイプだから、伸びも良く塗りやすさもGOOD◎

 

1gあたりのお値段はやや高めですが、コスパ以外の調査項目はすべて高評価を獲得しています!

 

お湯で簡単にオフできるのも大きな魅力ですね♪

 

石油系界面活性剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤・アルコール・パラベン無添加で、成分の安全性も高いですよ。

メーカー名 株式会社N&O life
容量 60g
参考価格 \2,640
紫外線カット効果 SPF15 PA++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス)ベビーサンスクリーン

WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス)ベビーサンスクリーン

 

 

無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 17

 

無農薬植物原料を使用!オレンジの爽やかな香りも高ポイント♪

総合ランキング第4位は、使用する原料にとことんこだわった『WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス)』のベビー日焼け止めがランクイン!

 

環境汚染されていないハワイ沖のハワイアン海洋深層水をベースに、無農薬の植物原料を使用するなど、配合成分の安全性はバツグンです!

 

また『シア脂』や『マカデミアナッツ油』など、うるおい成分もたっぷり使用しているので、保湿性にも優れていましたよ。

 

乾燥しがちな赤ちゃんの肌に、ぴったりの日焼け止めです♪

 

テクスチャーは柔らかめのクリームタイプですが、添加物が少ない分伸びの悪さ・ベタつきが気になりました。

 

マンダリンオレンジ果皮油の爽やかな香りは高ポイント!

 

ちなみに、使用しているマンダリンオレンジ果実油は、光毒性の無いフロクマリンフリー(FCF)成分なので安心ですよ。

メーカー名 株式会社ウェリナ
容量 45ml
参考価格 \2,860
紫外線カット効果 SPF15 PA記載なし
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

無添加工房OKADA 岡田UVミルク

無添加工房OKADA 岡田UVミルク

 

 

無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 17

 

成分の安全性は文句なし!サラッと軽い使い心地も高評価◎

総合ランキング第5位は、国産無添加化粧品ブランド、『無添加工房OKADA』の岡田UVミルクがランクイン!

 

紫外線吸収剤はもちろんのこと、合成界面活性剤や合成ポリマー、防腐剤、着色料、香料のすべてが無添加となっています!

 

また、使用している成分はすべて、厳選した天然の原料だけで作っているので、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えますよ。

 

調査ポイント『肌への優しさ』の項目は、ランキング中唯一満点でした◎

 

ただし、原料にこだわっている分、1gあたりのお値段は高めです。

 

サラッと軽い付け心地なので、ママのUV化粧下地にもおススメです♪

 

また、ノンケミカルだから石鹸でよく落ちるのも高ポイントですね!

メーカー名 株式会社 岡田商会
容量 50g
参考価格 \3,960
紫外線カット効果 SPF20・PA++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

erbaviva(エルバビーバ) ベビー サンスクリーン

erbaviva(エルバビーバ) ベビー サンスクリーン

 

 

無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 16

 

SPF30だから、長時間のお出かけにぴったり!サラッと軽い使い心地も◎

続く第6位は、ジョンマスターオーガニックから出たベビーライン、『erbaviva(エルバビーバ)』の日焼け止めがランクイン!

 

ゆるめのクリームタイプだから伸びも良く、使用感もGOODでした◎

 

また、クリームタイプでも白浮きしにくく、サラッとした使い心地なので、ママのUV化粧下地としても使えますよ!

 

親子で兼用できる日焼け止めをお探しの人におススメです♪

 

ちなみにSPF30は、紫外線B波による肌ダメージを10時間抑制します。(※正しく日焼け止めを使用した場合)

 

惜しい点は、落としやすさの項目。石けんを使って調査したところ、日焼け止め成分がやや残りました。

 

オーガニックラベンダーとカモミールのエッセンシャルオイルを配合。
日焼け止め特有のニオイも少なく、優しい香りです。

メーカー名 株式会社ジョンマスターオーガニックグループ
容量 75g
参考価格 \2,900
紫外線カット効果 SPF30 PA+
使用可能な年齢 生後6ヶ月〜

 

ALLNA ORGANIC BABY(オルナオーガニックベビー)日焼け止め

ALLNA ORGANIC BABY(オルナオーガニックベビー)日焼け止め

 

 

虫除け効果あり 無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 16

 

天然精油で虫除け効果も!ただしSPFの記載がなくUVカット効果はわからず…

総合ランキング第7位は、国産オーガニックコスメブランド『ALLNA ORGANIC(オルナオーガニック)』のベビー用日焼け止めです!

 

紫外線吸収剤や鉱物油、アルコール、パラベン、香料は無添加ですが、合成界面活性剤や合成ポリマーが使用されています。

 

トロリとしたテクスチャーの日焼け止めで、塗りやすさなど使い心地は良いですが、合成ポリマー使用のため石鹸ではやや落ちにくかったですね。

 

また、SPF・PA値の表示がなく、メーカーに問い合わせたところ「法律上の観点から具体的なUVカット率は答えられない」との回答が。

 

全成分表示を確認すると、日焼け止め成分が配合されているので、日常のお散歩程度におススメですね。

 

多くのうるおい成分を配合しているので、保湿力は高め。

 

しっかりうるおうのにベタつき感は少ないので、『使用感の良さ』は高評価でした!

メーカー名 イルミルド製薬株式会社
容量 50ml
参考価格 \1,547
紫外線カット効果 記載なし(※開示していないとのこと)
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク

 

 

石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 15

 

コスパ重視ならコレ!『肌への優しさ』は低めの評価2

続く第8位は、ユースキン製薬から販売されている、敏感肌向けの日焼け止めがランクイン!

 

紫外線吸収剤・アルコール・香料・着色料無添加で、サラリとした伸びの良いテクスチャーが特徴です!

 

ヒアルロン酸やアミノ酸系成分といったうるおい成分を配合しているので、軽い使い心地ながら保湿もしてくれますよ。

 

ただし、使用感を良くするため、合成界面活性剤や合成ポリマーを複数使用、また防腐目的でパラベンを使用しています。

 

コスパに関しては、文句なしの高評価ですね!

 

アレルギーテスト済み、パッチテスト済みの商品です。

 

肌が弱い赤ちゃんの場合は、使用前にご自宅でもパッチテストをするとより安心ですね。

メーカー名 ユースキン製薬株式会社
容量 40g
参考価格 \830
紫外線カット効果 SPF25、PA++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

MAMA BUTTER(ママバター)UV ケアミスト アロマイン

MAMA BUTTER(ママバター)UV ケアミスト アロマイン

 

 

虫除け効果 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 15

 

簡単シュッで手間いらず♪ただしベタつきは覚悟して…!

総合ランキング第9位は、ナチュラルコスメブランド『MAMA BUTTER(ママバター)』から、ミストタイプの日焼け止めがランクイン!

 

シュッとふきかけるだけのミストタイプの日焼け止めは、外でもサッと塗り直しができて、使い勝手はバツグンです♪

 

成分については、紫外線吸収剤・香料・着色料・鉱物油・パラベンは無添加ですが、合成界面活性剤と合成ポリマーは配合されています

 

また使用感については、塗った後のベタつき感やツッパリ感が気になりました。

 

なお、『ユーカリ油』などの天然アロマ成分を配合しているので、虫除け効果も期待できます。

 

日焼け止めに表示されているSPF・PA値の効果を最大限に得るには、こまめな塗り直しが必須です。

 

ミストタイプは手軽に塗り直しができるので、自宅ではクリームタイプを、外出先ではミストタイプをという様に併用しても良いですね。

メーカー名 株式会社ネイチャーラボ
容量 90ml
参考価格 \780
紫外線カット効果 SPF20 PA++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

ピジョン UVベビー ウォーターミルク

ピジョン UVベビー ウォーターミルク

 

 

新生児からOK 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 15

 

塗った後のベタつき感も少なく使い心地は◎!でも成分は…

総合ランキング最後は、ベビー用品でおなじみ『ピジョン』の赤ちゃん用日焼け止めです!

 

サラサラと伸びの良いミルクタイプで、塗った後のベタつき感も少なく使い心地の良い日焼け止めでした◎

 

一方で、『肌への優しさ』は評価2と低め。

 

その理由は、使用感を高めるために合成界面活性剤や合成ポリマーにあたる成分を複数配合しているからです。

 

そのため、石けんを使ってもサッと落ちず、何度か洗ってやっと落ちる…という感じでした。

 

ちなみに、紫外線吸収剤・着色料・香料は無添加です。

 

成分が気になるときは、使用前に腕に塗ってパッチテストをすると安心ですよ。

メーカー名 ピジョン株式会社
容量 60g
参考価格 \528
紫外線カット効果 SPF15 PA++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

 

 

ここまで、普段使いにぴったりな、SPF30以下の赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを紹介してきました。

 

次は、プールやレジャーなどアウトドアにぴったりな、SPF30以上の赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを紹介します!

 

プールやレジャーにおすすめ!赤ちゃん用日焼け止め5選【アウトドア向け SPF30以上】

 

WELEDA(ヴェレダ) エーデルワイスUVプロテクト

WELEDA(ヴェレダ) エーデルワイスUVプロテクト

 

 

虫除け効果あり 無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 19

 

ナチュラル成分でも、紫外線カット効果は高め!保湿性も◎

アウトドア向けおすすめ第1位は、スイス生まれのオーガニックコスメブランド『WELEDA(ヴェレダ)』のエーデルワイスUVプロテクトです!

 

ゆるめのクリームタイプで伸びも良く、塗った後の肌はしっとりとうるおった仕上がりでした◎

 

保湿クリームのような使用感なので、肌が乾燥しがちな赤ちゃんにぴったりの日焼け止めですよ!

 

また、合成成分が少ないので石けんでスッキリ落ちることも高評価のポイント。

 

紫外線吸収剤をはじめ、合成ポリマー、合成着色料、合成香料、パラベン無添加で、肌への安全性も高い商品です!

 

ナチュラルな成分でかつ、紫外線カット効果も高い優秀な日焼け止めです!

メーカー名 株式会社ヴェレダ・ジャパン
容量 50ml
参考価格 \2,530
紫外線カット効果 SPF38 PA++
使用可能な年齢 生後1ヶ月〜OK

 

Lecura(ルクラ) ベビーUVミルク

Lecura(ルクラ) ベビーUVミルク

 

 

無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 19

 

サラッと軽い使い心地♪成分の安全性&コスパも◎!

アウトドア向けおすすめ第2位は、国産ナチュラルコスメブランド『Lecura(ルクラ) 』のベビーUVミルクです!

 

Lecura(ルクラ)では、すべての製品で特定原材料等(アレルギー物質)27品目由来成分を使用していません。

 

そのため、まだ何のアレルギーを持っているかわからない赤ちゃんにも安心して使えます。

 

また、紫外線吸収剤・合成ポリマー・アルコール・鉱物油・香料・着色料・パラベンフリーで、成分の安全性もGOOD◎

 

サラッと軽い使い心地でベタつき感も少なく、使用感も高評価でした!

 

27品目の特定アレルギー物質の由来成分不使用で、アレルギーテスト・パッチテスト済みの商品です。

メーカー名 株式会社ビーバイ・イー
容量 40ml
参考価格 \1,267
紫外線カット効果 SPF35 PA+++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

babybuba (ベビーブーバ) ベビーUVクリーム

babybuba (ベビーブーバ) ベビーUVクリーム

 

 

無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 17

 

SPF50+でも、紫外線吸収剤フリー&天然由来成分を100%使用!

アウトドア向け赤ちゃん・ベビー日焼け止めのおすすめ第3位は、『babybuba (ベビーブーバ) 』です!

 

SPF50+で高いUVカット効果を持ちながら、紫外線吸収剤を始め、石油系界面活性剤・合成ポリマー・合成香料・合成着色料無添加の優秀な日焼け止めです!

 

紫外線の強い、夏場のアウトドアシーンにイチオシですよ。

 

使用感は、ベタつきが少々気になりましたが、伸びの良さ・肌なじみは良かったです。

 

ただし、丁寧に石けんで洗わなければキレイに落ちなかったため、『落ちやすさ』は評価3となっています。

 

公式サイトからの購入であれば、30日間の返金保障が付いています!

 

「赤ちゃんが敏感肌だから、試してみたい…」という方は、公式サイトからの購入がおススメですよ。

メーカー名 株式会社 ベビーブーバ
容量 50g
参考価格 \2,640
紫外線カット効果 SPF50+
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

For Fam(フォーファム)アウトドアUVミルク

For Fam(フォーファム)アウトドアUVミルク

 

 

虫除け効果あり 無添加 石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 18

 

夏のレジャーやアウトドアにぴったり!安全性の高い成分でかつ、虫除け効果も♪

アウトドア向けおすすめ第4位は、ファミリー向けのナチュラルコスメブランド、『For Fam(フォーファム)』のアウトドアUVミルクです!

 

紫外線吸収剤や石油系界面活性剤、パラベンを始めとした9つの添加物フリーでかつ、エコサート認証を受けた原料を使用するなど成分の安全性にこだわった日焼け止めです!

 

また、保湿性の高いセラミドやコラーゲンなどを贅沢に配合。赤ちゃんの肌を紫外線から守りつつ、うるおいケアもバッチリです!

 

さらに、虫が嫌がる天然由来の精油を使用しているので、虫除け効果も!

 

夏のレジャーやアウトドアにぴったりのベビー用日焼け止めですね♪

 

全体的にバランスの良い日焼け止めです。

 

保湿性が高いのでベタつきがやや気になりましたが、伸びも良く白浮きせず使い心地も高評価でした◎

メーカー名 株式会社magicnumber
容量 80g
参考価格 \2,750
紫外線カット効果 SPF30 PA+++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

マミー UVマイルドジェルN

マミー UVマイルドジェルN

 

 

石けんでオフ

調査項目 検証結果(5段階評価)
肌への優しさ
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 16

 

お値段重視ならコレ!使用感は◎でも、成分の安全性は…

アウトドア向けの赤ちゃん・ベビー日焼け止めおすすめ第5位は、コスパ抜群の『マミー UVマイルドジェルN』です!

 

容量100gでたっぷり使え、お値段も1,000円以下とコスパは文句なし!

 

サラサラと軽いジェル状のテクスチャーで伸びも良く、ベタつき・白浮きもありませんでした。

 

しかし、紫外線吸収剤を配合している点、また使用感を良くするために合成界面活性剤や合成ポリマーを複数使用している点で、『肌への優しさ』が低評価となりました。

 

また、石けんで落ちにくいのも△。

 

アルコール・鉱物油・防腐剤・香料・着色料は無添加です。

メーカー名 株式会社伊勢半
容量 100g
参考価格 \683
紫外線カット効果 SPF33 PA+++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

↓もう一度ランキングを見たい人はコチラ↓

 

赤ちゃんの日焼け止め | 正しい使い方・塗り方・落とし方

赤ちゃんの日焼け止め | 正しい使い方・塗り方・落とし方

 

赤ちゃん用に限らず、日焼け止めの正しい使い方ってご存知ですか?

 

えっ?ただ白浮きしない程度に日焼け止めを伸ばして、肌に塗れば良いんでしょ?

 

そう思っている人がほとんどかもしれません。

 

しかし、この使い方は誤りです。

 

それでは、日焼け止めの『正しい使い方・塗り方・落とし方』をみていきましょう。

 

赤ちゃんの日焼け止め | 正しい使い方・塗り方

赤ちゃん・ベビー用日焼け止めの正しい使い方・塗り方

 

多くの人が日焼け止めの使用量が少なすぎるために、本来得られるはずのUVカット効果を半減させています。

 

正しい日焼け止めの使い方について、国が指導している「紫外線環境保健マニュアル」を参照すると、このような記載があります。

 

塗る量は、顔では手のひらに取る場合、一円玉を置いたくらいの面積が埋まるようにして、2回塗ります。

手のひらに取った量を顔の数ヵ所に分けて置き(図3-3)、そこから伸ばしていきます。また腕や背中でも同様に数ヵ所において伸ばしてください。
最初に何ヵ所かに分けて皮膚の上に置くことによって塗り忘れや塗りむらを避けることができます。
また太陽光にさらされやすい所(鼻の頭 、 肩 、 背中の上部など)は念入りに塗ります。

※「紫外線環境保健マニュアル」より引用

 

このように、大人の顔に塗る場合、『1円玉分×2回』が正しい使用量です。

 

実際に試してみると、かなり多いように感じるでしょう。

 

そのため、白浮きしやすい日焼け止めを選んでしまうと、顔や身体が真っ白!なんてことになってしまうので、なるべく白浮きしにくいタイプの日焼け止めを選ぶと良いですよ。

 

ただし、上記は大人の使用量ですので、赤ちゃんの顔であれば1回1円玉分くらいが目安量です。

 

手のひらに1円玉分の日焼け止めを出して、赤ちゃんの額・頬・あごなど数か所に分けておき、伸ばして塗ります。

 

身体も同様に、数か所に分けておき、しっかりと念入りに塗っていきましょう。

 

また、汗をかいたらこまめに塗り直すことも重要なポイント。

 

日焼け止めは皮膚の上にあってはじめて効果を発揮します。

いったん塗った日焼け止め化粧品もそのあと手や衣類に触れることによって、あるいは汗をかいたりそれをタオルやハンカチで拭いたりすることによっても落ちてしまいます。
落ちたと思ったときにすぐに重ね塗りするか、そうでなければ、2、3時間おきに塗り直し(重ね塗り)をすることをお奨めします。

※「紫外線環境保健マニュアル」より引用

 

こまめな塗り直しが面倒な場合は、外出用にスプレータイプの日焼け止めを携帯しておくと、便利ですよ。

 

 

赤ちゃんの日焼け止め | 正しい落とし方

赤ちゃんの日焼け止め | 正しい落とし方

 

基本的には、日焼け止めのパッケージに記載がある落とし方で洗います。

 

例えば、「石けんで落ちる」とあればベビー用石けんやソープを使って、また「お湯で落ちる」とあれば、ぬるま湯で落としてきます。

 

ここで問題になるのが、赤ちゃんの顔についた日焼け止めの落とし方ですね。

 

赤ちゃんの顔についた日焼け止め、どうやって落とせばいい?

赤ちゃんの顔についた日焼け止め、どうやって落とせばいい?

 

基本は石けんを使って落とします。(※お湯で落とせるものなら、ぬるま湯で)

 

まだたっちができない赤ちゃんであれば、濡らしたガーゼを使うと落としやすいですよ。

 

  1. ガーゼで顔を濡らす
  2. 泡立てたベビー用石けんをちょんちょんと額や頬などに乗せ、ガーゼでくるくると優しくなでる
  3. 濡らしたガーゼで3回ほどきれいに拭く

 

赤ちゃんの顔に付いた日焼け止めの落とし方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【まとめ】赤ちゃんの日焼け止め | 正しい使い方・塗り方・落とし方

  • 日焼け止めはたっぷりと!赤ちゃんの顔なら1円玉分が1回の使用目安!
  • 日焼け止めはこまめな塗り直しが必須!
  • 日焼け止めを落とすときは、石けんが基本!赤ちゃんの顔の日焼け止めは、ガーゼを使って落とすのがおススメ!

 

 

 

いかがでしたか?

 

あなたの赤ちゃんにぴったりの日焼け止めは見つかりましたか?

 

子供の赤ちゃん時期って、振り返ってみれば本当に短いもの。

 

日焼け止めを上手に使って、赤ちゃんとのお出かけを思いっきり楽しみたいですね!

 

タイプ別:おすすめ赤ちゃん・ベビー向け日焼け止めランキング15選

 


TOPへ