お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング7選【本当にお湯で落ちるか検証済み!】

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング7選

 

最近では、赤ちゃん・ベビー用日焼け止めの種類が増え、石けんや専用クレンジング剤を使うことなくお湯で落とせるものも販売されています。

 

でも…

 

本当にお湯だけで日焼け止めがキレイに落ちるの?

 

お湯で簡単に落とせるってことは、合成成分を使っているんじゃない?

 

など、不安や疑問に思うこともありますよね。

 

そんな不安や疑問を解消するため、この記事ではお湯で落とせる赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを集め、本当にお湯だけでキレイに落ちるか検証しています!

 

また、お湯での落ちやすさだけでなく、成分の安全性や使用感など5つの調査ポイントで徹底検証していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

肌に残留した日焼け止めが体内に?!赤ちゃんの日焼け止めは、簡単に落とせることが重要!

肌に残留した日焼け止めが体内に?!赤ちゃんの日焼け止めは、簡単に落とせることが重要!

 

大切な赤ちゃんに使う日焼け止め、親としてはできる限り安全な成分のものを選びたいですよね。

 

成分の安全性だけでなく、実は『日焼け止めの落ちやすさ』も重要なポイントなんです。

 

以下は、アメリカの食品医薬品局(FDA)が発表した論文を取り上げたニュース記事です。

 

市販の日焼け止めに配合される紫外線防御剤が、皮膚から体内に吸収されている──。そんな臨床試験の結果を米食品医薬品局(FDA)が論文として発表した。試験は小規模なもので、紫外線防御剤が人体に悪影響を及ぼす証拠が見つかったわけではない。専門家からは「影響がわからない点が問題」との声も上がっており、FDAは審査の厳格化に向けて動き始めた。

※「WIRED(ワイアード) 日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた:米当局の臨床試験から明らかに」より

 

ただ肌に塗っているだけでも、日焼け止めの成分が血中に取り込まれているとは驚きですね。

 

このように、肌から日焼け止めの成分が吸収されることを考えると、成分の安全性はもちろん、『肌に残留しないこと=落ちやすいこと』が重要です!

 

赤ちゃんの肌に日焼け止めが残っている時間が長ければその分、体内に取り込まれるリスクも上がってしまいます。

 

特に身体が小さく、影響を受けやすい赤ちゃんだからこそ、日焼け止め選びは慎重にしたいものですね。

 

 

赤ちゃんの肌に最も負担が少ないのは、お湯で落とせる日焼け止め!

赤ちゃんの肌に最も負担が少ないのは、お湯で落とせる日焼け止め!

 

さて、ここまで赤ちゃんの日焼け止めは『成分の安全性』と『落ちやすさ』が重要であることをお話ししてきました。

 

では、赤ちゃんの日焼け止めはどうやって落とせば、肌に残留しないのでしょうか。

 

基本的に、赤ちゃんの日焼け止めを落とす方法は以下の3つです。

 

  1. お湯(ぬるま湯)
  2. 石けん(ベビーソープ)
  3. 日焼け止め専用クレンジング

 

赤ちゃん・ベビー向け日焼け止めの場合、ほとんどがお湯か石けんで落とせると書かれていますね。

 

お湯、または石けんで落とせる日焼け止め、どちらが赤ちゃんの肌に負担が少ないと思いますか?

 

答えは、前者の『お湯で落とせる』日焼け止めです。

 

赤ちゃんは、生まれてすぐの新生児期〜生後2ヶ月頃までは皮脂分泌が盛んになります。

 

▼赤ちゃんの皮脂量の変化
赤ちゃんの皮脂量の変化

 

皮脂の分泌量が多い新生児期〜生後2ヶ月頃は、ベビーソープなどの石けんを使って皮脂を落とした方が良いのですが、

 

生後2〜3ヶ月以降は赤ちゃんの皮脂分泌が急激に減少して、肌が乾燥しやすくなるため、股やお尻など汚れる部位を除いてお湯洗いが良いのです。

 

特に、乾燥しやすい顔は石けんを使わない方が、赤ちゃんの肌トラブルが起きにくくなります。

 

では、ここで重要なポイントです。

 

『お湯で落とせる』と記載がある日焼け止めの中には、お湯だけでキレイに落ちないものもあります。

 

特に、肌への密着性が高まる合成ポリマー成分を含んでいると、お湯だけで落とすことが難しいでしょう。

 

そのため、本当にお湯で落とせる日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

 

お湯で落とせる赤ちゃん用日焼け止め、本当にお湯だけでキレイに落ちるか検証!

お湯で落とせる赤ちゃん用日焼け止め、本当にお湯だけでキレイに落ちるか検証!

 

前述したように、『お湯で落とせる』と書いてあっても、お湯だけでキレイに落ちない日焼け止めもあります。

 

そこで、編集部ではお湯で落ちる赤ちゃん・ベビー用日焼け止めを7種類集め、実際に『落ちやすさ』を検証しました!

 

検証方法は以下の通りです。

 

  1. 黒色の合皮に日焼け止めをしっかり塗り込む
  2. 38〜39度のぬるま湯をシャワーでかける
  3. 合皮にどれだけ日焼け止めが残っているかで採点する(※1〜5で採点)

 

実際の検証の様子をみてみましょう。

 

▼お湯で落とせる日焼け止めを塗り込んで…
お湯で落とせる日焼け止めを塗り込んで…

 

▼お湯で洗い流します
お湯で洗い流します

 

そして、このお湯での『落ちやすさ』に合わせて、『成分の安全性』・『保湿効果の高さ』・『使用感の良さ』・『コスパの良さ』の5つの調査ポイントを検証し、合計点数の高い順で、ランキングにしました!

 

<調査ポイント>

  1. 成分の安全性
  2. ・日焼け止めの全成分を確認し、紫外線吸収剤や合成界面活性剤、合成ポリマー、パラベン、アルコールなどを使用していないか検証しました。

  3. 保湿効果の高さ
  4. ・手の甲に日焼け止めを塗って、専用機器で保湿性の高さを測定し、検証しました。

  5. 落ちやすさ
  6. ・黒色の合皮に日焼け止めを塗ってお湯で洗い、落ちやすさを検証しました。

  7. 使用感の良さ
  8. ・腕に日焼け止めを塗って、伸びの良さやベタつき感、白浮きしないかを検証しました。

  9. コスパの良さ
  10. ・1gあたりの単価を計算して比較し、コスパの良さを検証しました。

 

では、検証結果よりランキングした『お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング7選』をみてみましょう!

 

 

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング7選

 

ALOBABY(アロベビー) UV&アウトドアミスト

ALOBABY(アロベビー) UV&アウトドアミスト

 

 

<検証結果>

調査項目 検証結果(5段階)
成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 19

 

<評価ランク>

Sランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

成分の安全性もバツグン!お湯だけでキレイに洗い落とせるのも高ポイント♪

お湯で落とせる赤ちゃんの日焼け止めランキング1位は、天然の虫除け成分を配合した『『ALOBABY(アロベビー)』のUV&アウトドアミストです!

 

まず、成分の安全性は高評価の4。

 

石油系界面活性剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤・香料・着色料・アルコール・パラベンはすべて無添加で、新生児から安心して使える成分内容です。

 

また、落ちやすさも抜群で、38〜39度のぬるま湯でキレイに洗い落とせました!

 

▼黒色の合皮に日焼け止めをしっかり塗布して1時間放置
ALOBABY(アロベビー) UV&アウトドアミストお湯での落ちやすさを検証01

 

▼その後、ぬるま湯で洗い流すと…キレイに日焼け止めが落ちました!
ALOBABY(アロベビー) UV&アウトドアミストお湯での落ちやすさを検証02

 

成分の安全性と落ちやすさは文句なしですね。

 

また、シュッとふきかけるだけのミストタイプは、動き回る赤ちゃんにも塗りやすく、外出時の塗り直しもラクラクでした!

 

使用感の良さも高評価です!

 

一方で低評価になったのが、保湿効果の高さ。

 

液体ミストタイプの性質上、どうしても保湿性が低くなってしまうので、日焼け止めを塗る前に赤ちゃんの肌をしっかりと保湿しておくと良いですよ。

 

赤ちゃんの顔に塗った日焼け止めは、ガーゼをぬるま湯にひたしてふき取ってもキレイに落ちますよ!

 

<商品情報>

メーカー名 株式会社N&O life
容量 80ml
参考価格 \2,585
紫外線カット効果 SPF15 PA++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

ALOBABY(アロベビー)UVモイストミルク

ALOBABY(アロベビー)UVモイストミルク

 

 

<検証結果>

調査項目 検証結果(5段階)
肌成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
総合得点 18

 

<評価ランク>

Aランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

お湯で簡単オフ♪保湿性&塗りやすさも高評価◎

続く2位も、『ALOBABY(アロベビー)』シリーズから、乳液タイプの日焼け止めがランクイン!

 

1位のミストタイプと違って、保湿成分をたっぷり配合している乳液タイプが特徴です!

 

こちらも、石油系界面活性剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤・香料・着色料・アルコール・パラベンはすべて無添加!赤ちゃんにも安心して使用できる日焼け止めです。

 

お湯での落ちやすさも高評価の4で、シャワーでしっかり洗い流すとキレイに日焼け止めが落ちました!

 

 

 

(赤ちゃんが顔に水がかかるのを嫌がる場合は、ぬるま湯にひたしたガーゼでふき取ってもOKです!)

 

また、保湿性も高く、伸びの良さやベタつき感などの使用感も高評価。

 

全体的にバランスの良い日焼け止めですね!

 

<商品情報>

メーカー名 株式会社N&O life
容量 60g
参考価格 \2,640
紫外線カット効果 SPF15 PA++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

MAM&BABY UV MILK

MAM&BABY UV MILK

 

 

<調査・検証結果>

調査項目 検証結果(5段階評価)
成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
合計得点 18

 

<評価ランク>

Aランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤不使用!天然成分だけで紫外線をしっかりカット!

 

アトピー性皮膚炎や敏感肌用の化粧品を長年研究してきた皮膚科医と開発した、『MAM&BABY UV MILK』。

 

紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を一切使用せず、天然成分だけでSPF17.7 PA++の紫外線カット効果を持つ、安全性・機能性ともに優れた日焼け止めです!

 

お湯での落ちやすさも高評価の4!

 

ぬるま湯をなじませて洗い流せば、日焼け止めがキレイに落ちました◎

 

(※なお、天然成分だけで作られているので、特に洗い流す必要はありません!

 

日焼け止めだけでなく保湿クリームとしても使えるため、コレ1本あれば赤ちゃんの肌ケアが全部できちゃいます!

 

<商品情報>

メーカー名 株式会社スキンシア
容量 50g
参考価格 \4,500
紫外線カット効果 SPF17.7 PA++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

erbaorganics(エルバオーガニックス)サンスクリーン

erbaorganics(エルバオーガニックス)サンスクリーン

 

 

<調査・検証結果>

調査項目 検証結果(5段階評価)
成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
合計得点 17

 

<評価ランク>

Aランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

ナチュラル成分100%!オーガニック認証成分を使った肌に優しい日焼け止め♪

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング4位は、アメリカ産ナチュラルブランド『erbaorganics(エルバオーガニックス)』の日焼け止めです!

 

紫外線吸収剤をはじめとした合成成分を使用せず、アメリカのUSDAマークを取得している安全性の高い日焼け止めです!
(※オーガニック基準の中でも特に厳しい食品基準をクリアした成分を95%以上使用した製品のみに表示できる米国農務省発行マークのことです)

 

また、お湯での落ちやすさも◎

 

ぬるま湯のシャワーでしっかり洗い流すと、キレイにオフできました!

 

ただし、日焼け止めを塗布した直後は白浮きが少々気になるため、使用感の良さは普通評価の3です。

 

<商品情報>

メーカー名 株式会社ジョンマスターオーガニックグループ
容量 75g
参考価格 \2,860
紫外線カット効果 SPF30
使用可能な年齢 生後6ヶ月〜OK

 

Noevir(ノエビア)レイセラミルキーベビーUV

Noevir(ノエビア)レイセラミルキーベビーUV

 

 

<調査・検証結果>

調査項目 検証結果(5段階)
成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
合計得点 16

 

<評価ランク>

Bランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

ベタつかないから、ママの化粧下地にも!成分の安全性・使用感もGOOD◎

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング5位は、敏感肌用シリーズを展開するNoevir(ノエビア)グループの『レイセラミルキーベビーUV』です!

 

小児科医監修のもと、生後6ヶ月の赤ちゃんから6歳児を対象にモニターテストを行っている日焼け止めです。

 

紫外線吸収剤・鉱物油・香料・着色料・パラベン・アルコールフリーですが、合成界面活性剤や合成ポリマーを複数使用している点で、成分の安全性は普通評価の3となっています。

 

落ちやすさは高評価の4で、ぬるま湯で洗い流すと、日焼け止めが残ることなく洗い落とせました。

 

また、ベタつかずサラッとした使用感なので、ママの化粧下地としても使いやすい日焼け止めですよ!

 

<商品情報>

メーカー名 株式会社ノエビア
容量 45g
参考価格 \2,898
紫外線カット効果 SPF28 PA+++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

アトピタ 保湿UVクリーム

アトピタ 保湿UVクリーム

 

 

<調査・検証結果>

調査項目 検証結果(5段階)
成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
合計得点 16

 

<評価ランク>

Bランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

低刺激で高コスパ!お値段で選ぶならコレ!

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング6位は、乾燥肌用のベビースキンケアブランド『アトピタ』の保湿UVクリームがランクイン!

 

紫外線吸収剤・香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコールフリーで肌への刺激性が低いことはもちろん、うるおい成分『ラノリン脂肪酸コレステリル』を配合しているので、保湿効果も高い日焼け止めです!

 

しっかり保湿できるので、乾燥肌の赤ちゃんにおススメですよ。

 

ただし、お湯での落ちやすさは低評価の2。

 

合成ポリマーを複数使用しているせいか、お湯のみで洗うと日焼け止めが所々に残りました。

 

<商品情報>

メーカー名 丹平製薬株式会社
容量 30g
参考価格 \523
紫外線カット効果 SPF29 PA+++
使用可能な年齢 生後0ヶ月〜(新生児からOK)

 

NOV(ノブ)UVミルクEX

NOV(ノブ)UVミルクEX

 

 

<調査・検証結果>

調査項目 検証結果(5段階)
成分の安全性
保湿効果の高さ
落ちやすさ
使用感の良さ
コスパの良さ
合計得点 14

 

<評価ランク>

Bランク

※合計点数の結果で、S・A・B・C・Dの評価ランクに分けています。

 

光アレルギーテスト済み!みずみずしいテクスチャーだから、赤ちゃんにも塗りやすい♪

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング最後は、皮膚科でみかけることも多い『NOV(ノブ)』シリーズがランクイン!

 

紫外線吸収剤・香料・着色料無添加ですが、パラベン・アルコールなどを使用しているため、成分の安全性は普通評価の3。

 

お湯での落ちやすさもイマイチで、部分的に日焼け止めが残りました。

 

(※石けんを使うとキレイにオフできました!)

 

また、スーッとジェルのようなみずみずしい使い心地は良かったのですが、白浮きが気になったことで使用感の良さも3の評価に。

 

<商品情報>

メーカー名 株式会社ノエビア
容量 35g
参考価格 \2,200
紫外線カット効果 SPF32 PA+++
使用可能な年齢 赤ちゃん〜OK(年齢・月齢の記載なし)

 

 

赤ちゃんの日焼け止めをお湯で落とすとき、シャワーや浴槽の温度は何度が適切?

赤ちゃんの日焼け止めをお湯で落とすとき、シャワーや浴槽の温度は何度が適切?

 

お湯で落とせる日焼け止め、熱いお湯じゃないと落ちないの?

 

お湯で落ちると記載があっても、具体的な温度は書いていないため疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、当サイト編集部がお湯で落とせる日焼け止めのメーカーに問い合わせてみたところ、以下の回答がありました。

 

お湯で落とせる赤ちゃんの日焼け止めは、何度のお湯が落ちやすいですか?

赤ちゃんの肌への負担を考慮して、38度〜40度のぬるま湯で落ちるよう設計しております。

 

普段のお風呂の温度で落ちるように作られているようですね。

 

なお、一般的に夏場であれば37〜38度、冬場であれば40度前後のお湯が赤ちゃんに適切であると言われています。

 

熱すぎるお湯は赤ちゃんの皮脂を取り過ぎてしまうので、なるべく上記の温度を目安にシャワーや浴槽の温度を設定すると良いですね!

 

 

 

この記事のまとめ

お湯で落とせる!赤ちゃん用日焼け止めランキング7選まとめ

 

いかがでしたか?

 

赤ちゃんの肌への負担が最も少ないのは、お湯で落とせる日焼け止めです!

 

なお、当サイトではその他の赤ちゃん用日焼け止めについても、成分の安全性をはじめとした5つの調査ポイントで、徹底検証しています。

 

赤ちゃんの日焼け止め選びに迷ったときは、そちらも参考にしてみてくださいね!

 

 

 


TOPへ