赤ちゃんの日焼け止め研究所

【注意】SPFとPAの本当の意味|日焼け止め選びのポイント

SPFとPAの本当の意味

日焼け止め

 

日焼け止めなどでよく目にする「SPFPA」。

 

とりあえず強い方を、と選んでいる方も多いでしょう。

 

でも「SPFとPAの値が高い=紫外線吸収剤を使用している」ということをご存知ですか?

【注意】紫外線吸収剤の危険性

 

デリケートな赤ちゃんの肌に負担をかけずに日焼け対策をするためにも、赤ちゃんの日焼け止めに必要なSPFとPAの値を学んでいきましょう。

 

 

 

 

そもそもSPFとPAって何?

日焼け止め,SPF,PA

 

紫外線には、「UVA・UVB・UVC」の3種類がありますが、このうち人間の肌に影響を及ぼすのはUVAとUVBの2種類です。

 

そして日焼け止めのパッケージによく表示されているSPFとPAは、このUVAとUVBからどの程度肌を守れるのかを数値化したものです。

 

 

まず、SPFとは「サンプロテクションファクター」の略で、UVB(紫外線B波)を防ぐものです。

 

UVBは、3つの紫外線の中で最も人間の肌に悪影響を及ぼすもので、皮膚がんや白内障の原因になります。

 

日焼けをしてすぐに肌が赤くなるのも、このUVBによるものです。

 

 

ここで。

 

勘違いしている方も多いと思いますが、「SPFの数字の値が高い=紫外線を防ぐ力が強い」ではありません。

 

SPFの値は、日焼けを抑制する「時間」です。

 

計算方法としては、日焼けで赤くなる平均時間の20分を基準とします。

 

例えば、SPF30の場合、【20分×SPF30=600分(10時間)】
⇒つまり、10時間UVBによる日焼けが抑制されるというワケです。

 

 

 

次に、PAとは「プロテクション グレイド オブ UVA」の略でUVA(紫外線A波)を防ぐものです。

 

UVAは、肌を黒くする紫外線で、しみやシワなどの原因になります。

 

 

PAには、+〜++++までの4段階あり、+が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります

 

 

ここまでの説明だと、じゃあとりあえずSPFとPAが高いものを選べば良い!と思いがちですが、

 

 

それは間違い。

 

 

SPFとPAが高いほど、紫外線吸収剤や合成ポリマーなど赤ちゃんの肌にとって有害な成分が入っているんです。

 

 

 

 

赤ちゃんに最適なSPFとPA

日焼け止め,SPF,PA

 

日常生活における外出の場合、SPF10〜20、PA+〜++あれば十分です。
SPF20だとすると、UVBを抑制する時間は400分。6時間以上にもなります。

 

(※ただし夏場など汗で日焼け止めが落ちてしまった場合、紫外線を抑制する効果も薄れてしまいますので、2〜3時間ごとに塗り直すことをおススメします)

 

SPF20前後、PA++くらいの値であれば、天然成分100%の日焼け止めもありますのでベビーにも安心ですよ。

 

本当に安全な赤ちゃんの日焼け止めランキング

 

 

 

 



TOP このサイトについて 徹底調査ランキング 紫外線による悪影響 無添加のウソ