赤ちゃんの日焼け止め研究所

【注意】香料・着色料って何が悪いの?|日焼け止め選びのポイント

香料・着色料って何が悪いの?

 

最近では、「香料・着色料無添加」と書かれている日焼け止めを多くみかけるようになってきました。

 

そもそも、香料と着色料って何がいけないのでしょうか。

 

赤ちゃんのためにも基本的な日焼け止めの知識を身につけていきましょう。

 

 

 

香料と着色料って?

日焼け止め,香料,着色料,危険,毒性

 

日焼け止めに使用される香料と着色料の目的は、「肌の色に近づける」ための着色「良い香り」のための香料です。

 

そもそも自然から摂れる天然由来の香料と着色であれば何の問題もありません

 

肌に塗って悪影響を及ぼすのは、「合成」の香料と着色料です。

 

 

合成とは、化学的に作られた成分で、日焼け止めを含む化粧品の多くは、石油由来の合成成分が使用されています。

 

日本では、1980年に化粧品の指定成分の表示が、2001年には全成分の表示が義務付けられました。

 

この背景には、化粧品に含まれる合成の香料、着色料、保存料などによって皮膚障害が多く起こった社会問題があります。

 

合成の香料や着色料は、発ガン性が疑われているものもあり、湿疹やシミなどの皮膚障害、アレルギーの原因になります

 

 

最近では、日焼け止めの多くに「着色料・香料無添加」の文字が見られます。

 

ですが、注意したいのは他の合成成分が入っていたり、紫外線吸収剤が使用されていたり。

 

「着色料・香料無添加」の文字だけで判断するのではなく、あくまで一つの指標として覚えておきましょう。

 

本当に安全な赤ちゃんの日焼け止めランキング

 

 

 


TOP このサイトについて 徹底調査ランキング 紫外線による悪影響 無添加のウソ