赤ちゃんの日焼け止め研究所

【注意】紫外線吸収剤の危険性|日焼け止め選びのポイント

紫外線吸収剤の危険性

日焼け止め,紫外線吸収剤,危険,毒性

 

昨今、紫外線吸収剤の危険性が知られるようになり、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めも目にするようになりました。

 

特に肌が弱い赤ちゃんにとって、紫外線吸収剤は有害なモノ。

 

 

「でも、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めでも、紫外線は防げるの?」

 

「紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めってどうやって選ぶの?」

 

 

こんな疑問を持ったママは多いでしょう。

 

紫外線吸収剤を正しく理解し、赤ちゃんの日焼け止め選びに役立てましょう。

 

 

 

紫外線吸収剤ってどんなもの?

日焼け止め,紫外線吸収剤,危険,毒性

 

よくドラッグストアで見かけるレジャー用の日焼け止め。

 

これらの多くは、「紫外線吸収剤」が使用されています。

 

 

紫外線吸収剤の役割は、その名の通り紫外線を吸収して、熱エネルギーに変えて外へ放出します。

 

役割で言えば、日焼け止めに配合されて至極当然なものですが、なぜ紫外線吸収剤が悪者になっているのでしょうか。

 

 

その理由は、肌表面に塗ることで、2つのデメリットがあるからです。

 

一つは、紫外線吸収剤自体が化学的に合成されて作られた成分であるコト。

 

肌に直接塗ること自体、負担になるからです。

 

 

もう一つは、紫外線を吸収して熱に変えるため、肌表面で酸化が起こってしまうコト。

 

特に、>敏感肌の方や赤ちゃん子供には、気を付けたい成分なのです。

 

 

では、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めでも紫外線対策は有効なのでしょうか。

 

答えは、イエス!

 

 

紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めには、「紫外線散乱剤」が使われています。

 

紫外線散乱剤は、肌への負担が少なく赤ちゃんでも安心して使用できるものです。

 

紫外線を防ぐ効果としては、紫外線吸収剤の方が強力ですが、日常生活を送る上での紫外線対策でしたら十分対応できます。

 

 

 

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの選び方

 

赤ちゃんのために、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選びたい!と思っても、どうやって探せば良いかママを悩ませるところですね。

 

「赤ちゃんOK」や「子供用」「敏感肌用」と書いてあっても、紫外線吸収剤を使用している日焼け止めもたくさんあります

 

 

まず確認すべきは、パッケージに「紫外線吸収剤不使用」とか「紫外線吸収剤フリー」といったような表示があるかどうか。

 

もし表示がない場合は、全成分表示を確認してみてください。

 

日焼け止めに多く使われている紫外線吸収剤は以下のような名前ですので、参考にしてみてください。

 

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オクトクリレン
  • パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-○ ※○の中は数字
  • エチルヘキシルトリアゾン
  • t-ブチルメトキシジベンソイルメタン
  • フェニルベンズイミダゾールスルホン酸
  • メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル など

 

赤ちゃんのためにもママが必要な知識を身に着け、安全な日焼け止めを選びましょう。

本当に安全な赤ちゃんの日焼け止めランキング

 

 

 



TOP このサイトについて 徹底調査ランキング 紫外線による悪影響 無添加のウソ