赤ちゃんの日焼け止め研究所

日焼け止めの役割って?|日焼け止めの基礎知識

日焼け止めの役割って?

日焼け止めの役割

 

そもそも日焼け止め役割って何でしょう。

 

 

紫外線を跳ね返す?

 

それとも吸収する?

 

皮膚を保護する?

 

 

赤ちゃんのためにも、正しい日焼け止めの知識を学んでいきましょう。

 

 

 

 

紫外線の防ぎ方には2種類ある!

 

日焼け止めの役割はもちろん、「紫外線を防ぐ」ことですが、この紫外線の防ぎ方に、2つの種類があるのをご存知でしょうか。

 

日焼け止めには、紫外線を防ぐために「紫外線吸収剤 または 紫外線散乱剤」が配合されています。

 

どちらも紫外線を防ぐためのものですが、下の図のように働き方が異なります。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
引用:小林製薬「今スグ始めたい日焼け対策 紫外線から肌を守る秘訣!」

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収してそのエネルギーを熱に変え、放出します。

 

紫外線散乱剤は、紫外線をそのまま反射させます。

 

 

ここで気を付けたいポイントがあります。

 

同じ紫外線を防ぐための成分でも働き方が違うだけで、肌への負担も変わります。

 

実は、紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力が強いものの肌への負担が大きいため、赤ちゃんへの使用はおススメできないのです。

 

確かに大人が海でのレジャーに持っていくなら、多少肌への負担が大きくとも紫外線吸収剤の入った日焼け止めの方が良いでしょう。

 

しかし、赤ちゃんが日常生活を送る上での日焼け対策でしたら、肌への負担が少ない紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止めで十分なのです。

 

 

 

 

紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを選ぼう!

 

よくドラッグストアで見かける海などのレジャー用の日焼け止めには、必ずと言って良いほど紫外線吸収剤が使用されています

SPFとPAの本当の意味

 

表示に「赤ちゃんOK」「子供用」の文字があっても、全成分表示を見ると紫外線吸収剤が配合されていることも多々あります。

 

そのため、パッケージに「紫外線吸収剤無添加」や「紫外線吸収剤フリー」と書いてある赤ちゃん用の日焼け止めを選びましょう

 

 

なお、よく使われている紫外線吸収剤は以下の通りです。

 

気になったら全成分表示を見て確認してみてください。

 

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オクトクリレン
  • パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-○ ※○の中は数字
  • エチルヘキシルトリアゾン
  • t-ブチルメトキシジベンソイルメタン
  • フェニルベンズイミダゾールスルホン酸
  • メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル

 

赤ちゃんのためにもママが必要な知識を身に着け、安全な日焼け止めを選びましょう。

本当に安全な赤ちゃんの日焼け止めランキング

 

 

 



TOP このサイトについて 徹底調査ランキング 紫外線による悪影響 無添加のウソ