赤ちゃんの日焼け止め研究所

ママ&キッズ UVライトベール|調査結果

ママ&キッズ UVライトベール|調査結果

ママ&キッズ UVライトベール

 

赤ちゃん,日焼け止め,ママ&キッズ,ママアンドキッズ,口コミ

 

 

日焼け止めの採点結果

ブランド名 ママ&キッズ(Mama&Kids)
商品名 ママ&キッズ UVライトベール
SPF/PA SPF23・PA++ ※SPF/PAとは
毒性点数(■の数) ■×17
判定結果 D判定 ※判定方法はこちら
管理人メモ

皮膚科医監修のもと、敏感肌のために作られたブランド「ママ&キッズ」。
合成香料や着色料など肌にとって負担になるものはできるだけカットしたシリーズです。

 

この「ママ&キッズ UVライトベール」は、水のようにサラサラとしたテクスチャーで軽い付け心地。
塗った後のベタつきもなく、乳液のような感覚で使うことができます。

 

確かに使い勝手は良いのですが、紫外線吸収剤・合成界面活性剤・合成ポリマーにあたる成分が複数使用されています。
香料・アルコール・パラベンは無添加です。

 

全成分 毒性調査結果

成分名 配合目的 毒性
溶剤 なし
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
ジメチコン 合成ポリマー、閉塞剤
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル 紫外線吸収剤
イソステアリン酸イソステアリル 油剤、結合剤 なし
(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー 合成ポリマー
スクワラン 油剤、エモリエント剤 なし
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン 紫外線吸収剤
ポリシリコーン-14 合成ポリマー、皮膜剤
グリセリン 保湿剤、変性剤 なし
トレハロース 香味料、保湿剤、細胞保護 なし
オリーブ油 油剤、閉塞剤 なし
酸化チタン 顔料、紫外線散乱剤 なし
エーデルワイスエキス 保湿性 なし
ビフィズス菌発酵エキス 保湿性 なし
ゲンチアナ根エキス 保湿性、発毛性、抗炎性 なし
オリーブ葉エキス 保湿性、抗炎性、抗菌性 なし
タマリンド種子多糖体 保湿剤
セラミド2 油剤 なし
水添レシチン 合成界面活性剤、乳化剤 ■■
グリシン 緩衝剤、キレート作用 なし
セリン 保湿剤 なし
プロリン 保湿剤 なし
アルギニン アミノ酸類、アルカリ剤 なし
ラウロイルリシン 滑剤、粉末基剤 なし
ダイズステロール 油剤、エモリエント剤 なし
グリチルリチン酸2K 香味料、消炎作用 なし
カプリル酸グリセリル 合成界面活性剤、乳化剤 ■■
アルミナ 研磨剤、顔料 なし
アルキル(C12-20)グルコシド 合成界面活性剤、乳化剤 ■■
ステアリン酸ポリグリセリル-10 合成界面活性剤、乳化剤 ■■
(C14-22)アルコール 油剤、乳化安定剤 なし
ポリヒドロキシステアリン酸 合成ポリマー、油剤
メチコン 合成ポリマー、閉塞剤
カルボマー 合成ポリマー、乳化安定剤
メタリン酸Na キレート剤、口腔ケア剤 なし
キサンタンガム 天然ポリマー、乳化安定剤 なし
トコフェロール 酸化防止剤、V.E なし
フェノキシエタノール 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

※全成分の毒性調査結果は、「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」を元に採点しています。採点の正確さについて可能な限り努力をしていますが、正確性を保証するものではありませんので予めご了承ください。

 

 

日焼け止めの採点結果について

 

このサイトでは「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」を元に、市販されている赤ちゃん、子供用日焼け止めの全成分を徹底調査しました。

 

広告のためのランキングや偽りの評価を一切しません。

 

各メーカーの日焼け止めに使用されている全成分を調査した結果がすべてです。

 

調査方法の詳細はこちら

 


TOP このサイトについて 徹底調査ランキング 紫外線による悪影響 無添加のウソ