赤ちゃんの日焼け止め研究所

明色化粧品 リモリモ アウトドアUV|調査結果

明色化粧品 リモリモ アウトドアUV|調査結果

明色化粧品 リモリモ アウトドアUV

 

赤ちゃん,日焼け止め,リモリモ,明色化粧品,口コミ

 

 

毒性点数(■の数) 27
ランク D
調査結果メモ

蚊が嫌うアロマ成分を配合しており、虫除け効果も兼ねた日焼け止めです。
ベタつかず伸びも良いので使いやすいですが、合成界面活性剤や合成ポリマーが複数、紫外線吸収剤が2種類、防腐剤も使用されています。
赤ちゃんへの使用については、安全性の面で疑問が残ります。

全成分 水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、DPG、イソステアリン酸イソステアリル、シクロペンタシロキサン、メチルグルセス-10、ソルビトール、BG、スクワラン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、カミツレ花エキス、ホホバ葉エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、コウスイガヤ油、ニオイテンジクアオイ油、ユーカリシトリオドラ油、レモングラス油、セスキオレイン酸ソルビタン、イソステアリン酸ソルビタン、グリチルレチン酸ステアリル、メンタンジオール、ポリソルベート60、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、セテス-20、カルボマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ジメチコン、水酸化K、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、BHT、EDTA-2Na、トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

 

日焼け止めの毒性点数について

 

このサイトでは「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」を元に、
市販されている赤ちゃん、子供用日焼け止めの全成分を徹底調査しました。
広告のためのランキングや偽りの評価を一切しません。
各メーカーの日焼け止めに使用されている全成分を調査した結果がすべてです。

 

成分調査の内容を詳しく知りたい方はこちら


TOP このサイトについて 徹底調査ランキング 紫外線による悪影響 無添加のウソ